5月ツアー報告(5/25-28)

五月ツアー報告担当者の1年中島です。(なぜ1年なのに報告担当なのでしょうか)
5月ツアーは5/26-27の日程で行われました。
今回のツアーは、新歓ツアーということでしたが、
新入生が少なく、現役メンバーが多くなってしまいました。しかし、新入生は、初めての前浜、少人数ツアーということで現役メンバーも今まで行ったことがない場所に行くことができました。
まず学生は、5/25(金)の夜に池袋を発車する夜行バスで、気仙沼へ向かいました。気仙沼到着後、気仙沼プラザホテルに移動し、お風呂、仮眠、朝食を取りました。
その後、レンタカーで唐桑半島に向かいました。
御崎神社に向かい、タブの植生を観察しました。

5

その後唐桑半島ビジターセンター&津波体験館に向かいました。
震災当時の写真や、明治三陸津波、チリ地震津波の展示がありました。
津波体験館では、振動と風、映像を使い、津波の怖さを学ぶことができました。
唐桑半島の豊かな自然もまた感じることができました。

2

内湾に戻り、お土産購入とお昼を済ませ、前浜に移動しました。
新しい活動拠点となる、椿ハウスの下見を行いました。
明日の活動に備えて、やること、必要なものをリストアップし、準備を進めました。
夜は、地元の方との懇親会でした!バーベキューで美味しい気仙沼ホルモンや海鮮を味わうことができました。

1

2日目は椿ハウスの修理が主な活動でした!
古くなっていた床板を新しい合板で補強している様子です。

6

地元の方に作業方法を教えていただき、作業を進めています。
同時に、キッチン、トイレの掃除、カーテン外し、庭の整備を進めました。

4

このように、綺麗になりました。
地元の方の知識と経験を、教えていただき、学生にとって良い経験となりました。
椿ハウスで活動ができるようになることで、長期滞在できるようになったり、地元の方に負担をおかけすることなく活動を継続することができるようになります。

その後、新入生に向けて活動拠点である前浜のフィールドワークをしました。

7

植樹地の様子です。雑草が大きく育っていましたが、タブの木、椿の木等が負けないくらい大きく成長していました。私が、初めて前浜を訪れた3年前は、上から2段目を植樹しました。それから毎年一段一段増やしていき、ここまでになりました。

すべての活動が終わり、BRTに乗って気仙沼に行き、夜行バスで帰路につきました。
少人数ツアーということで、地元の方と交流をたくさんすることができました。また、唐桑半島にまで、足を伸ばすことができたのもよかったです。
結びに、温かく迎えていただいた地元前浜の方々、ツアーを支えていた方々に感謝申し上げます。

3月ツアー「おらほのとっておき」報告(3/17-18)

こんにちは!2018年度三陸つばき学生リーダーを務めている3年生の畠山怜です。
すっかり遅くなってしまいましたが、3月ツアーの報告をしたいと思います。
3月ツアーはおらほのとっておきがメインの1泊2日ツアーです!それではいってみましょう!

今回のツアーの移動手段はな、な、なんと新幹線です!1年生の頃からツアーに参加していますが、新幹線で前浜に訪れるのは初めてです。大宮駅からわずか2時間ほどでくりこま高原駅に到着した私たち。駅からは白鳥さんの運転する車に乗せていただきました、ありがとうございます!
途中南三陸さんさん商店街で美味しいお昼ごはんを食べて、田束山に登りました。天候にも恵まれきれいな眺めを堪能できました ( ∩՞ټ՞∩) ンフ~~

S__155492355
S__155492356 S__155492357

そこから小泉地区に向かいました。小泉小学校の石碑が設置されている場所から小泉の現状を眺めると、震災前にはたくさんあったであろう建物がなく、流されてしまったことが震災から7年経った今でも窺える光景でした。

寄り道をたくさんした後はマリンセンターに到着。今回はまず初めに大塚弘さんのお墓参りをしました。いままでたくさんお世話になりました、ありがとうございます。
ペンションに荷物を置いた後は廣重先生の発表。そして懇親会!美味しいごはんごちそうさまでした ( ∩՞ټ՞∩) ンフ~~

S__155492358

2日目の朝は早く午前5時に集合。菊地敏男さんのご厚意でわかめ漁に同乗させていただきました。日が昇る前の氷点下の海、やむことのない風、揺れるフェリーと、初めてのことだらけの僕と林君は歯を鳴らしながらガタガタ震えていました…途中からは寒さを堪えながらなんとか作業にも参加できました。フェリー上で飲む缶コーヒーの味は格別でした!

S__155492359S__155492360
2時間以上にも及んだ漁から港に戻った後は、わかめの引き上げを行いました。切り取っためかぶをそのまま塩水にサッと漬けてパクリ!都会ではまず食べることのできない肉厚なめかぶ、それも取れたて新鮮ということもあり今まで食べたこともないほど美味しかったです。明朝から体感温度-6℃の海上での漁に乗せてもらった後に食べるめかぶは最高でした!

S__155492361S__155492362

港からペンションに戻って朝食を食べた後はマリンセンターでおらほのとっておき!まずは椿油絞りを体験させてもらいました。椿の種を砕いたモノをプレスすると、椿油がこれでもかってくらい絞り出てきます!(こっそり食べた椿の種は苦くて舌がピリピリしました…)

S__155492363 S__155492364

山形の最上町黒澤からお越しいただいた餅搗唄保存会の方々が到着した後は餅つきパフォーマンス!力強い餅つきと独特な歌による餅つき、さらに丸のみで餅を食べる文化と、全てに驚かされました。そしてなにより餅が美味しいんです!

S__155492365 S__155492366

お餅と昨晩千葉先生が作ったグリーンカレーをお昼ご飯に頂き、わかめの加工見学に行きました。今朝獲れた大量のわかめたちを手作業で分ける職人技と、大量の塩に揉まれているわかめたちに圧倒されました。

S__155492370 S__155492371

その後もおらほのとっておきを満喫した私たち。帰りの新幹線の時間もあるので2日目の懇親会は1時間ほど参加して途中退出(もっとご飯食べてお話聞きたかったです!)
帰りも駅まで車で白鳥さんに送ってもらい、新幹線で大宮に戻りました。

S__155492372

新幹線移動、ペンション泊、おらほのとっておきと至れり尽くせりでとても楽しかった3月ツアー。夏の植樹祭みたいな大人数でのツアーも楽しいですが、今回のような少人数ツアーは現地の方と深く関わることができるので私は大好きです ( ∩՞ټ՞∩) ンフ~~また行かせていただきます!

S__155492373

9月ツアー報告(9/30-10/1)

9/30-10/1で種拾いツアーに行ってきました🎊!今回のツアーには9名が参加。そのツアーの様子を三陸つばき1年の斎藤が報告します🙋

まだ9月でしたが、朝に夜行バスから降り立つととても肌寒い……(。・・)💦 すでに秋🍁🍂

ツアーの名前から分かるとおり、今回の気仙沼での目的はつばきの種を収穫すること!私たちの活動の主軸はつばきの苗🌱を育てること。その種を集めることはとても大切な作業です。つばきの種を拾う……というより木から切り落とすかんじです。

1510904764739[305]
1510904766628[308]
2日間で皆で手分けしてつばきを収穫。去年が良作だったのもあり、今年は種が少なめだったようです。ただ新芽がたくさん確認できたので、来年はざっくざくつばきが採れちゃうんじゃ?と期待しております!
1510904768308[307]

植樹地の様子はこんな感じ↓今年の夏に植えた苗たちも元気はつらつです✴あの時はあんなに暑かったのに……!季節の移ろいは本当に早いですね😅
1510904769560[306]

1日目の夜には懇親会が開かれました。婦人部の皆さんの踊りやハーモニカの演奏に大盛り上がり!我らが三陸つばきのまいまいさんも美声を披露してくれました💕💓広重先生とつばきの皆で早稲田の校歌も歌いました笑
1510904770757[304]
↑ちゃっかりつばきの女性陣も参加してます!

いつもはマリンセンターに寝袋持参で宿泊させていただくのですが、今回は前浜の皆さんのご厚意でヴィラ・プチ・ロクというペンションに宿泊させていただきました。壁紙が星空のお部屋に泊めていただきました。……かわいい😍👍 お料理も美味しかったです。お腹いっぱいいただきました!
1510904772003[310]

2日目には午前中は種拾いの続きを行い、午後は気仙沼観光へ🚗😉 夏にも訪れた三陸リアスアーク美術館や岩井崎の他、気仙沼湾を一望できる安波山などを観光。他にも向洋高校の校舎を車からでしたが見学してきました。何度見ても津波の威力に圧倒されると共に、気仙沼があの日多くの人々の亡くなった場所であることを再認識させてくれました。
1510904789917[309]

次の気仙沼ツアーは3月を予定しています。次回も皆で楽しみながら頑張るぞー💪🙌
今回収穫した種たちがいつか大きなつばきの森になる日を夢見て、以上種拾いツアーの報告でした!
1510904791344[303]

 

8月ツアー「植樹祭」報告(8/25~28)

こんにちはー!
初めてツアー報告を担当させていただきます!
まいまいこと、中川舞です♡笑
8/25〜28日の間に行われた8月ツアーですが…すっかり報告をまとめるのが遅くなってしまった…
今回は写真を見返しつつ、特に印象強く残った場面を紹介していこうと思います♪

今回も昨年と同様、一大イベントである「植樹祭」を行いました!
植樹祭当日の27日に向けて、25日入りの先発隊、26日入りの本隊に分かれて参加しました!
ちなみに私、まいまいは先発隊でした(*・ω・)ノ

今回の植樹祭は、先発隊が先に準備をすべて終わらせてしまうのではなく、当日高校生達にも一緒に、進めてもらいました!
先発隊は、当日スムーズに進めるためにすこーし準備を進めていたくらいです(*^^*)
(詳しい工程は昨年たかき先輩が詳しく報告して下さっているので、そちらをご覧下さい♪)
前もって進めた準備も、そして植樹祭当日も、ほんっとーに暑かったです…泣

DSC_1280

DSC_0915

DSC_1304

その後はみんなで流しそうめん!
今年は参加人数がものすご〜く多かったので、台を2台設置しました!
作業後のそうめんは美味しかった美味しかった…
DSC_1316

DSC_1330

さてさて、今回のツアーは植樹祭がメインでしたが、他にもイベントは目白押しでした☆
まいまいセレクションということで、私の独断と偏見でざっくり紹介していこうと思います( ´ ▽ ` )ノ笑

まずは「前浜椿の森ワークショップ」!
4つの班に分かれ、それぞれフィールドワークで担当の地域に足を運んでお話を聞き、最終的に「前浜地域外の私たちからの提案」をさせていただきました!
各グループ特徴のある発表で、とても良かったです♪
DSC_2981

DSC_3041

そして音楽祭!
今年もマザーアースの方々に演奏していただきました!
曲目多くて楽しかった!
(私もできるなら来年一緒に吹きたい…)
そしてべっぴん沖縄娘、りゃあちゃんの美声も聞けたまいまいは大満足な音楽祭でした!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
DSC_1369

DSC_1447

そしてこちらは先発隊だけの特典!(?)
本隊との合流までにツアーをしてもらっていたのですが、お昼を食べた「岩井崎」の眺めがとても良くて…!
DSC_0703
岩井崎にある「龍の松」は、津波の被害を受け、1本残された松なのですが、その姿は本当に龍のようでした
DSC_0713

そしてこちらも先発隊だけで行った場所ですが…「リアス・アーク美術館」での展示は、とても印象強いものでした
震災当時の様子の写真や説明だけでなく、津波で流された物の現物が展示されていました
震災の様子の写真や映像は何度も見ましたが…やはり現物を見ると、がつんと心に来るものがありました
DSC_0671
DSC_0680

そして最後に、こちらは先発隊も本隊も全員で、帰る前に行った場所「大川小学校」
津波の被害を大きく受けた石巻市にある小学校です
(もしかしたら過去誰かが報告で載せてたかもしれない…)
津波の被害の大きさを物語っていて、そのひどさを想像するだけで涙を堪えるのに必死でした
リアス・アーク美術館でも思ったけれど、やっぱり実物を見ないと分からないなって
DSC_0104

DSC_0102

えー、最初は元気いっぱい!最後の方は少し重くなりましたが、私が素直に感じたことをそのまんま述べてみました!
言葉選びが下手で、伝えたいことを上手く伝えられていない気もしますが…
私は1年生から三陸つばきに所属していますが、このツアーで気仙沼に来るのはまだ2回目
もっと足を運ばなきゃなって思いました
拙い文章だけど、ここまで読んでくださってありがとうございました!
そして改めて…ツアーに参加した皆さんお疲れ様でしたっ!

三陸つばきは秋新歓もやってますので、ちょっとでも気になるな〜って思った方はぜひ!来てね!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

5月ツアー報告(5/12-14)

初めまして、三陸つばきweb担当になりました平塚と申します。今回報告書をリーダーと前リーダーに任されました。
二人の先輩方からとにかく早く報告書を上げろと急かされているので、駆け足で報告したいと思います。

今回のツアー、一応新歓ツアーという名目でしたが新入生は少なく、ほとんどが現役メンバーばかりでございました。
ですが、今回初めて気仙沼に赴くメンバーもおり、少ない新入生とも合わせて気仙沼の様々なところを見学してきました。

まず先発隊は12日の深夜に池袋を出発。約6時間バスに揺られ早朝の気仙沼に到着。
…寒すぎる。この日はちょうど雨が降っていて、かなり気温が低い状態でした。東北と言ってももう5月だしそんなに寒くないだろ、と思ってパーカー一枚だけだった自分が憎らしい。

前浜マリンセンターに移動し、そこから前浜散策ツアー開始。
20170513
あいにくの空模様ですが、植樹地ではしっかり椿が育っていました。雑草も力強く生えていてどれが椿が分かりにくいですが…。来月のツアーは雑草狩りかな?

お昼は大沢ドライブインにて。こんな美味しいものをいただきました。
201705132

午後は岩手県の陸前高田に1時間ほどかけて移動。気仙大工左官伝承館と箱根山テラスにお邪魔して、陸前高田市の地元の方々と交流させていただきました。

帰りに奇跡の一本松や建設中の防潮堤を見学。
201705133
うーん、この防潮堤はこれで大丈夫なんだろうか…?

夜は前浜に戻り、マリンセンターで懇親会が開かれました。夜行バスであまり寝れなかったのもあり、懇親会がお開きになる前に自分は寝落ちました。

さて、2日目から本格的に活動開始です。後発組と合流し、椿の種をポットに植える作業をします。
1494934612515[207]
大量の椿の種!これを土と一緒にポットに入れていきます。
1494941784682

201705143
順調に作業を進める図。

作業は午前中で完了。大量のポット苗が完成しました!
1494941768854 1494941767293
これらは来月植えるのかな?

午後は小泉地区に建設中の防潮堤を見学しに行きました。
201705147 201705146
かなり巨大な防潮堤です。宮城県内で計画中の防潮堤の中では最大級のものになるらしく、この写真の奥に海が、そして右側には津谷川を覆う防潮堤も建設されています。

そしてさらに南の南三陸町歌津地区に移動。シロウオの名産地として有名なところですが、そこでお会いした地元の方にシロウオを見せていただきました。
201705144
この茶色いものが全部シロウオです。元気よくはねていました。

最後に南三陸さんさん商店街に。
201705141
 
 
移転したばかりの商店街で、建物は非常に綺麗でした。メンバー各々気に入ったお土産を買いこみます。

またここからは南三陸防災庁舎も見えました。
DSC_0786[208]
南三陸町は地域全体を約10メートルかさ上げする津波対策が進行中です。盛り土が至る所にされていました。

これにて5月ツアーは終了。BRTを使って気仙沼駅に戻り、温泉に入った後また夜行バスで池袋に帰りました。

自分としては去年8月の植樹祭以来だった気仙沼。前回来た時にはなかった建物が整備されていたり、仮設住宅が少なくなっていたり、復興は着実に進んでいる様子ですがまだまだです。ですが地元の方々は変わらず元気そうで、懇親会でも非常に盛り上がって下さり、作業も地元の様々な方に来ていただいて順調に進めることが出来ました。この元気がマリンセンターを自分たちで作り上げた源であり、ひいては前浜地区のコミュニティが活発な理由なんだろうな、と改めて思いました。

前浜の方々、そして陸前高田の方々お世話になりました。次回は6月ツアー、またよろしくお願いします。
DSC_1779
 

先月も行ってきました、気仙沼!

どうも、サンマです!なんでサンマって言われるのかは自分でも把握できていませんが!寒さに弱い私ですが、人生2度目の東北地方、初の気仙沼ツアーに行って参りました。

今回は前浜マリンセンターで「おらほのとっておき」というイベントがあり、そちらに参加させていただきました。
この記事を書かせていただいてる当人は初の気仙沼ツアーということで何が何だかわからなかったので、まずはマリンセンター周辺を散策、植樹地も見てきました。仮設の方も外を回ってみましたが住んでいる方はあまりいらっしゃらないようでした…

201704231

防潮堤に関するものとしてはこんなものがあったり…果たしてこれは防潮堤を作るのか作らないが謎の状態でした。

201704232

また、椿が自生しているということも自分の目で確認でき、なんとなくではありますが我々の椿などの植樹活動について納得したような気もしました。

 

さて一回りしてからマリンセンターに戻って展示準備。早稲田祭で展示したゾートロープを飾らせていただきました。他にも前浜の方々が作られたものがいっぱいあり、かつ地域の歴史を知ることもできるようになっていました。

201704233

準備が終わってからは苗の育ち具合を確認したり、様々な地区を案内していただき、防潮堤が現在どのようになっているのかを見学、10年以上前にインドネシアに住んでおり、今は埼玉県民である私は「海との隔たり」とも言うべきものを感じました。

防潮堤を見終わるとカレー作り!(恒例のイベントのようです。)給食センターに努めなければ蒙古の量を作ることはないでしょう(笑)という位の量でしたね。ほうれん草のピューレを入れた瞬間にカレーの色がまるで緑色の絵の具のようで驚きました(笑)加えてマイケルさんのみじん切りの速さには脱帽でした…
夜には先生方と元代表(1年間お疲れさまでした)のプレゼンで、自分の知らないことを多く知ることができました。そしてそのあとには夜ご飯。カレーもお寿司もおいしくいただきました。52度のお酒は強かったですね。(笑)ともあれたくさんのお話をしていただき、とてもためになりました!

2日目の朝は早くに起きることに失敗、わかめをとりに行く船には乗れず…朝ご飯を食べた後は前日とは違う地区に行き、河川堤防を見学しました。故意に津波を川に流すことで津波の力を減衰させ、人々の住む地区まで津波を進攻させないのだとか。

201704234

こちらは野々下の堤防。テレビでも取り上げられていた場所ですね比べてみればその大きさがわかる…はずです。

201704235

再びマリンセンター。今度は椿油絞りです!地元の方々がたくさん種を集めてくださっており、それを破砕してから油圧機にかけて絞ります。

201704236 201704237 201704238

午後には餅つき!みんなで交代しながら楽しく搗きました!

 夜には先生方やゲストの方のプレゼンを聞き、とてもためになりました。椿が生と死の間に存在する植物であるという文化人類学(?)的な考え方には驚き、植樹地の問題点を指摘されたりと、、、今後の活動にも生かしていければと思います!
 プレゼンの後は私たちはけんちん汁や餅をかきこんで帰りました(時間が押してしまったので笑)。椿油の入ったけんちん汁はとてもおいしかったのでまた前浜に行ったらぜひいただきたいです!

 私にとっては今回が初めての気仙沼ということもあり、訪れるだけでも有意義でした。しかし、次回からはより多くの方がたとお話をし、自身の考えを伝えてみたり、どんな考えを持っているのかを聞いて、多面的な考え方をできるように努力しようと思いました!前浜の皆さん、そして先生方、貴重な体験をありがとうございました。

11月ツアー報告(11/11~13)

初めての報告書!
どーも、知る人ぞ知る沖縄の乙女、りゃあちゃんです
早稲田リーダーのおーともに散々せかされてようやく筆を持ちました
今回はそんなマイペースちゃんが張り切って報告させてもらいます(`・ω・´)

4月からお世話になっている三陸つばきですが
なんだかんだ気仙沼に行くのは初めて!
どうしても一度自分の目で現地を見てみたかったので
今回のツアーはとても楽しみでした

東京駅で目白のメンバーと合流し、いざ気仙沼へ!(写真撮り忘れ)1

明朝、仙台にてバスを降りるとめちゃくちゃ寒くてびっくり
ひろしげさんとしらとりさんが車で迎えに来てくれはったので
朝食をとってゆったり出発しました
2

期間中大きな車で案内してくれたお二方に
たくさんの場所へと連れて行ってもらったのですが
最初に向かったのは大川小学校
3

ここは印象深いところです
着いて車から降りた途端に地震でお出迎え
ゴゴゴゴゴってすごい地響きが鳴ってました
震源はすぐ近くだったそうで、震度は4
とんでもないところに来ちまったと思いました
4

大川小学校は津波で校区全体が沈み廃校になったところです
当時、災害予防の甘さなどから津波から逃げきれず
ひとりの教師を除いた教師全員と多数の生徒が亡くなったそうです
現在はそのひとりの教師がなぜ逃げきれたのかを含め、
遺族により当時の詳細を明らかにする要望が出ており裁判で控訴中だとか
5

引き潮で折れた柱なんかも見れて
本当に津波は来たんだって初めて実感

次に向かったのは南三陸町の上山八幡宮でした
八幡のあたりは町全体が沈んだ場所だったから
土を10数メートル盛って再建中らしいよ
6

何で神社がほとんど助かっているのかって話をしてて
古い神社ほど災害を経験しているので高いところに建っている、とか
昔はそもそも海抜が高かったので集落自体が高いところにあった、とか
色んな理由があったみたい

んでここに来た本来の目的は「椿」を見ることにあって
神社の横でもこんな風に椿を育ててるんだけど
7

そこからずずずっと行くとこういうものがあってね
8

椿の道、というものらしいよ
南三陸で(一社)復興みなさん会の方々が避難道に椿を植える試みがされてるんだって
9

ざっと説明してくれはっただけでも
アオキ、ツバキ、ユズリハ、タブノキ…があった!
あった言うても自分で見分けられた訳じゃなく教えてもらっただけ
でも聞いてるうちにツバキを見分けられるようになったよ!
10

前浜に行く前に寄ったのは漁港と小泉

阿部さんっていう方とお会いしました
でっかい防波堤の近くまで言って色んな話を聞かせてもらった
小泉にある水脈とか元からある環境を無造作にいじることへの懸念を強く語ってました
11
12

ここは大震災で地盤が1mくらい沈下して海岸線が陸側に近くなったところなんだって
政府と現地との食い違いもあるだろうけど
現地の中でも意見の割れは大きいんだなぁと思った
そういう意味でも今回現地に足を運べたのは大きな収穫だったと思う
13
14

そして寄り道の末にようやく前浜!!
15

ここは地域交流が活発なところで
この建物(コミュニティセンター)も被災してからみんなで協力して建てたんだって
昼から作業の予定だったから時間まで散策
1617

夏までに植えたっていう植樹場所を見に行った
神社の裏でみたツバキよりは色が濃いように感じたけど
力強くそだってるなぁって思った
作業に来た人がみたらなおさら感動するんだろうな
18
19

しばらく散策してから近くの弁当やさんでご飯を頂いた
店主さんとその奥さんがすごく親切に話してくれはって楽しかった
20

昼を過ぎるとちらほらとおじさまたちが集まり始めた
自己紹介もなく言葉少なに当たり前のように作業に入るのは
私の実家みたいでなんだか懐かしかった
21

東京から来た私たちにも甥っ子や姪っ子のように接してくれたのがとても嬉しかった
作業しながらシロダモやアオキ、ツバキの見分け方を覚えて
最後にはほとんどわかるようになっていた
この調子で頑張れば来年新入生に教えるのも夢じゃないかも!
やっぱり体験するともっと学びたいって思うよ
2324
22

作業の後に手伝ってくれたおじさまの奥さんが
パンを焼いて飲み物と一緒に持ってきてくれはったのはめっちゃうれしかった
手伝ってくれた前浜の方々の名前をほとんど覚えられなかったんだけど
一回のボランティアですべてをこなせるなんてそんな生易しいものじゃないよなって思った
でも今まで現地を知らなかった私にとっては大きな一歩かな
25

今回の作業はいつもより簡単だったみたい
思ったよりも早く済んだのでまたいろんなところをめぐった
地形を活用できてない防潮堤とか
デーンッと無機質に立てられた巨大な壁とか
まだまだ勉強不足で申し訳ないんだけど
周りにマッチしていないその存在をみると
反対意見があるのも確かにうなずけると感じた
2627

私は前期もあんまり参加できてなかったし
気仙沼行くのも初めてだから
目白のメンバーとは会ったことなかってん
でも今回会えてお互いの活動のこととか将来とか
楽しいことも嫌なことも語ることができてとても良かったと思う
早稲田と目白でもっと一緒に活動できるといいね
28
さのちゃんは写真撮ってくれたから写れなかったので
ピン写で
29
それから夜行に乗り込んで
初めての気仙沼ツアーは幕を閉じました

8月ツアー「植樹祭」報告(8/19~22)

 

8月ツアーが終わり、はや1週間が過ぎました。台風が二つ接近し天気が危ぶまれる中でしたが、結果大切な活動中には降られず大きな影響を受けないで済んだのは、メンバーの中に強力な晴れ男、晴れ女いるのでしょうか。おかげでいまだに日焼けが痛いくらいです笑。さて、そんな8月ツアーの活動報告を致します。

DSC_0636s

今回のツアーでは、一大イベントとなる「植樹祭」を行いました。21日の植樹祭に合わせ、下準備などを行う19日入りの先発隊と、高校生などとともに貸切バスで20日に入る後発隊とに分かれての参加でした。

まずは19日、20日の先発隊の下準備の様子から。植樹地は斜面なので、フラットな面をつくるため、小さな盛土をします。杭を打ち、そこに竹を這わせてフェンスを作ったうえで内側に土を入れるのですが、この団体は、竹を切るところから始めるのです!DSC00398s

切った竹の枝をなたで落とし、さらに竹の筒上の部分を縦に割っていきます。そして最後に踏んだり叩いたりして節を落として柔らかくし、やっとフェンスとなるのです。DSC00355sDSC00383s

ちなみに杭は、以前伐採した丸太を7月ツアーのときになたで尖らし、焼を入れておいたものです。

そして土入れは、土砂を台車に盛る組、台車で運ぶ組、フェンスの中に入れる組に分かれてチームワークで行いました。

DSC00443s

はっきり言って肉体労働です。。。。。筋肉痛にもなりますし、冒頭でも書きましたが日焼けもめちゃくちゃしました。ですが、前浜の方々にいろいろな道具の使い方やその場にあるものを工夫して使う技術や想像力を教わり、「ローテク」としてすべて人力で作り上げいくことはとても貴重な体験です。個人的には、この「DASH村」を思わせるような体験ができることも、この団体のひとつの大きな特徴だと思うのです。

さて、続いては植樹祭の様子です。三陸つばきの後発隊のほか、早稲田大学本庄高等学院の高校生や、マザーアースオーケストラのメンバー、さらには戸山団地の方々などなど、たくさんの年齢、所属の人が集まり、総勢約80名での植樹祭でした!いやー、今まで毎回10数名で活動していたところにあれだけの人がいる光景は圧巻ですね。今回植樹したのは、ツバキ、シロダモ、タブの3種類がメインになります。みんなで育て、植えた木です。立派に生長してくれることを祈りましょう。DSC00500sDSC00504DSC00533s

そのほか、夜は講演会や音楽祭も行われました。その後の懇親会(という名の飲み会)も大盛り上がりでした!DSC_0792sDSC_0812s

また、マザーアースの方々や、ほぼ毎回一緒に活動している東北学院大の方々と流しそうめんだったり、花火、スイカなど、「夏」っぽい体験もたくさんありました。三陸つばき自体もインカレで大きくは早稲田と目白に分かれますが、他にもさまざまな他大生と交流できるのも、前浜での活動の醍醐味となっています。DSC_0602s図2

新歓では「苗を育て、木を植えているサークル」というかたちで宣伝していますが、本当はあの某早大生のための総合情報誌に書ききれないたっっっくさんの活動を行っているのです!そして、この団体の本当の価値や楽しさは前浜に行かないとわからないと思います。というわけでみなさん、一緒に行きましょう、前浜。もう何度も言っていますが、メンバーは随時募集中です!!!!!

ということで、以上、8月ツアー報告です!読み直して長いなあと思ってますが、これでも削ったほうなんです。それくらい内容の濃い3泊5日でした!!

 

なお、本ツアーの貸切バス費用は、(財)電通育英会様の助成を利用させていただきました。

———————————–追記————————————–

今回の活動について、本庄高等学院のどんぐりプロジェクトと、マーザーアースプロジェクトのホームページが更新されたため、それぞれへのリンクを追加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月ツアー報告(7/1~4)

暑いですね!!!

苗にとっても苦しい季節がやってきました。私も暑くて気が滅入ってしまいます。

さて、先日7/1(金)~4(月)に今年度一回目の気仙沼ツアーに行ってきました!今回は、1日夜発3日朝帰宅組、2日夜発4日朝帰宅組、通し組の3組に分かれて、深夜バスで向かいました!通し組は大変だったことでしょう。。。笑

三陸つばきと名前が変わる前から、何度も訪れお世話になっていた宮城県気仙沼市本吉町前浜地区です。

cap25

 

 

 

 

地図で見るととても小さい地域です。しかし、ここにはたくさんのものが詰まっています。ここで説明すると長くなってしまうため、三陸つばきとは?もしくはfacebookのページをご覧ください。

 

今回は、8月に行われる第3回植樹祭に向けて、大きくなった苗のポットの移し替えと、植樹地の造成の準備を主に行いました。

20160703_183

大きく育った苗にとって小さいポットは窮屈なので、大きなポットに移し替えます。

 

 

20160703_4456

 

三陸つばきのコーディネーターである廣重先生も一緒に、みんなでやります。

 

 

20160703_1029

作業の後は、現地の人も学生もみんなでおいしい昼食をいただきます。

 

 

20160703_652 20160703_8837

 

 

 

前浜地区には廃線になった気仙沼線の線路跡があります。そこや様々なところを探検することも、新しい発見につながったりします。 右の写真はコスモスでしょうか。かわいいですね!

20160703_8141 20160703_2061

 

 

 

 

 

 

 

 

二日目は新しいメンバー(筆者も後発組)が合流し、杭つくりを行いました!鉈で木の先端を尖らせ、腐食防止、撥水のために表面を焼きます。煙がいっぱいで涙が止まりませんでした。。。(涙)

振り返って

今回は、団体名が変わってから一回目の現地での活動になりました!とはいってもやっていることは変わらないのですが。。。

新しいメンバーを迎えても、現地での活動は(ほぼ)全員が新しい発見ばかりです。何より食べ物がおいしく、現地の人は教えるときは厳しくも優しい!!一度行ったらまた行きたくなること間違いなしですね。

次の現地の活動は8月、現地に行ってみたい!と思った人はぜひ!

 

総会・戸山イベント(5/22)

戸山シニア活動館にて今年度最初の総会及びイベントを開催しました!

まず総会では、コーディネーターの廣重先生より改めて三陸つばきの説明と椿の学びづくり推進協議会の会則についての説明、水やり担当より育苗地での水やりシフト決め、そして新入生の正式な入会手続きを行いました。

総会1

総会2

総会の集合写真です。

入学式前後のブース設置期間や4月から5月にかけて毎週土曜日の活動、そして5月20日のWAVOC主催のボランティアフェアと様々な機会で新歓をしてきた結果、今年度は文系理系問わずいろいろな学部学科から20名近くもの新入生が入会してくださり、総会にも13名の新入生が来てくださりました!新入生と言っても、1年生だけでなく2年生の方も多く入会しました。入会動機は何か新しいことがしたい、ボランティアに興味がある、東北に興味があるなどなど様々ですが、それは既存メンバーも同じです。始めるきっかけも興味も関係ありません。多くの新メンバーを迎え入れて今年度の活動も本格的にスタートさせてまいります!

総会の後に開催したイベントでは協議会事務局の白鳥さんと私たちが活動している前浜地区の隣の小泉地区にて被災地支援を行っているRQ小泉の西村さんの先日の熊本地震についてのお話を伺い、それを元にもしも首都直下地震が起こった場合に災害対応として学生は何ができるかというテーマで戸山シニア活動館の利用者の皆様と学生で班に分かれてディスカッションを行い、それぞれの見解から意見を出し合いました。

イベント1

イベント2

特に西村さんは前日まで熊本に、そして翌日も熊本入りするというスケジュールの中で来てくださり、熊本地震の発生直後の様子や現在の支援状況など詳細にお話してくださりました。

学生と戸山の皆様の間では新宿区や早稲田大学の災害対応についてや、高齢者と若者の助け合いのあり方、また新宿区に多く在住している外国人への対応についてなど様々な意見が飛び交いました。

イベント3

イベント4

イベント5

2014年冬より、戸山シニア活動館での育苗活動を行ってきましたが、これまではこういったお互いの意見を言い合う機会は少なく、今回のイベントは今後の育苗活動を行う上でも良い影響があったのではないでしょうか。

イベント6

最後にシニア活動館館長の滝口さんのお話でイベントは終了しました

今回の総会及びイベントを無事終えられたのもシニア活動館の皆様のおかげです。ありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。また今回の総会持ちまして新歓期間は終了と致しますが、常時学年・大学を問わずメンバーは募集中ですのでメールやLINE@、Twitter等での連絡お待ちしております!